FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お葬式

2009_02140009.jpg

先日、わたしの住んでいる家の前のおうちでお葬式がありました。

こんなに間ぢかで見るのは初めて。
1日目の朝に、なくなった方が外に頭を向けてベットに寝かされ、親族が大声を上げて泣いていました。

夕方には、棺があり、亡くなったおじいさんの写真と花や果物のような盛りかごが所狭しと並べられ、
親族は白い鉢巻をしています。(ベトナムの喪の衣装です)
中には上から下まで、白装束を着ている人もいました。

ちょっといつもと違ったのは、仏教ではなくクリスチャンらしいということ。

十字架が大きく刺繍された垂れ幕のようなものが、部屋の真ん中にあり、
とても目立っていました。

でも、仏教でもキリスト教でもうるさいのは変わりがないようです。

ベトナムでは、死んだ人寂しくないようにと夜通し歌ったり、騒いだりすると聞きました。

歌も、お経調とかならまだ理解できるのですが、
はっきり言ってカラオケです・・・

生きてる人の楽しみの為にやってるとしか思えん。

たまに近所の人が、公安(警察)に通報して公安に注意されて
やめるのでやっと眠れる・・・なんてこともあるそうです。

そんなんで、けっこうお葬式があると、近隣は寝不足覚悟です。

このおうちでもそれなりにありました。


でも、びっくりしたのは、きっとお葬式当日だと思われる日に、鼓笛隊が来たこと!!

がんがんうるさかったので私も外に見に行きました。
すんごい人だかりが出来てます

鼓笛隊に合わせて
一人のおじさんM(勝手に命名)、ろうそくに火をともしロウを体や顔にたらしています。
なんだ?なんだ?

口をあけてたらしたり・・・
「きゃー」と言う声があちこちから聞こえます。

そのうち、ペットボトルから水を口に含んで・・・・



ぼーーーーーーーーーっ!!



火を噴いてます。

あれって、水じゃなかったのね・・・


私たちのほうにもボーーーっと噴くので、一緒に腕を組んで見ていたメイドちゃんと一緒に「きゃー~!!」と逃げ惑いました。

それを何度もいろいろな方向にやって鼓笛隊とおじさんMは帰っていきました。



その後、また別な鼓笛隊が来て、今度はお経調の「アベマリア」と言う曲も含め、何曲も歌っていました。
(私の知っているアベマリアではなく「あべまりあー」と何度も言っているので、これはベトナム風アベマリアなんだ~と納得。)
(鼓笛隊は演奏しつつ歌も歌います・・・)

結局、鼓笛隊は色々な曲を何時間も歌って、演奏していたのですが
それは飽きたので見るのをやめました。


次の日の早朝4時頃、出棺だったらしくその時も鼓笛隊が来てましたょ。
ベットの中で聞きました~~


日本のお葬式も、長くて色々面倒くさいな~と思いますが、
こちらもそれなりに大変そうです。



悔やんでいるのは、そのおじさんMの写真を撮ればよかったと思ったこと。

でも、お葬式にカメラを向けていいかと悩んでいたのですが、
みんな遺族たちが笑いながらデジカメで撮りまくりでした・・・
あ~撮ればよかった!!


jumeeふたポチしてもらうと嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
どうぞよろしくですjumee☆shy1
スポンサーサイト

テーマ : ベトナム生活
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

鼓笛隊^^

すごい・・・楽しそうなお葬式だね^^; これなら確かに死んだ人も寂しくない気がする。安らかに眠らせてあげるって感覚はないのか^^; ちゅちゅろっちのブログ、すごい生のベトナムが感じられておもしろい!

riccaricaさん

楽しくな~いですよ!
ベトナム人特に中部から南部は、料理に砂糖を使うことが多く(関東風濃い味)糖尿病や、男性の場合は毎晩の飲酒、ローカルの医者がいい加減(歯医者は別)な場合が多く、また政府が福祉関係に手が廻らない事もあり、寿命が短いのです。

ですから、日本より葬式に遭遇する数が多く、その度に近所の外国人は騒音(半端ではない)で眠れません(ベトナム人は諦めると寝れるみたい)。 家の前(路地)にデカイテント建ててテーブル椅子など設置して道を塞いでしまいます。それより奥に住む人は、大抵バイクで帰ってくるし、声を掛けないと通してもらえません。でも既に酔っ払った参加者は騒いでいるから、ナカナカ場所を空けてくれない。。。
飲んで騒ぐ連中は、交代で寝るから静まる事が先ず無い。 楽団は半端な音の出し方をすると家族親戚に怒られるので、夜や早朝だと豪い遠くまで聞こえます。それが長い時は2日間程続きます。 結婚式の時もあまり変わらないけど、その時は楽団じゃなく、カラオケや生のバンドと専門の歌手が来ます。

はじめは珍しいし(何だ?)っと思いながらも楽しく感じますが、2時間も経てばノイローゼ。 お向いのお宅だったりすると、テレビも聞こえない会話も電話も寝るのも無理、でも声を掛けてくるから多少お香典やお祝いあげなきゃいけなくなるし。。。

4ヶ月位前のお葬式で、夜のおねーさん達がたくさん来てドンチャン騒いでいるから(??と思い)訊いたら、「亡くなったお爺ちゃんが奥さんに先立たれた後、女性好きになったから、息子達がお父さんのお見送りの為に呼んだみたいよ」って事でしたが、結局息子達とその友達や親戚が(オイ!!君らの為じゃないのか?と思うほど)もの凄くハッスルしてました。(参列の女性群は怒り露わ。。。) これが南ベトナムのお葬式。 凄まじい。。。(没)

お願い、近所でもう誰も死なないで!!
以上、お葬式でした。 ちゅちゅろさん、今日私が休日なのでコメ長くなってすいません。。。

南越熊さん
楽しいお葬式・・・ではなく、大迷惑なお葬式なのですね^^;

はい、そうです。 基本的には死者(?)も近所も迷惑でーす!
でも、楽しくて好きに思う人も居るかも。。。 葬式で楽しむか?「ベトナムの常識=先進国の非常識」 納得。

riccaricaさんも、一度訪越下さいまし。

☆riccaricaちん

日本人とベトナム人の考え方のギャップが面白いよね。
なかなか面白ネタが拾えないのですが、がんばります♪

☆南越熊さん

こら~!コメント長いぞ!!
本文より長いのは禁止します(笑)

うちもヘムなので、結構大変です・・・

怒られて歓ぶおじさんより

ワーイワーイ! ちゅちゅろさんのコメが帰ってきた! 本文より長い長文コメでボケてみました。すいません。
でも、いつも面白いネタだし、女性らしい感想が新鮮で楽しいですよ。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。