FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KARAOKE

ベトナム人の女の子3人とカラオケに。

わざわざ、行く前にカラオケ屋さんに電話して確認してくれて
「日本語があります、絶対行きましょう」と誘ってくれました。

まず行って見ると・・・
そうですね・・・カラオケボックスが日本にでき始めたときってこんな感じだったかな?っておもう感じの部屋の作りです。
もちろん、ベトナムですから、防音効果はありません。

メニューは日本語があって、はい!と渡されたのですが。
わら半紙(茶色く色が変わっている)に日本語の曲名と番号が・・・
でも、その歌
えっと、えっと・・・と探さないといけないくらいの選曲の古さ。

もちろん、古くても歌えるんですけど、選曲が渋い。
って言うか知らない。

B面だけ集めてある?(あ、ナウなヤングは知らない?B面?)って感じです。

ベトナム人の子が(きっと適当に)指差して「これ歌ってください」と言ったものは。

瀬川栄子「涙は女の化粧水」

なんじゃそりゃ。知らない・・・

うーーん。
しかもミスプリが多い。(ベトナムでは当たり前だけど)

薬師丸ひろ子が居たけど、あるページでは
「薬師丸子」になっていたし、ほかのページでは「師丸ひろ子」

「チェリツツコ」って???
と思ったら曲は「てんとう虫のサンバ」でした。
こんなのは言い出したらきりがないので、やめておきます。


ベトナム人の子達は、最初気を使ってくれて、
「どんどん入れてくださいね」と私の歌う歌も入れてくれていたけど、
そのうち、メモ帳を出し始め、自分たちの歌う番号を10曲くらい書き出して連続で入れていました。

そして彼女たちの面白いところは誰の曲ってないんだな~ってこと。
日本だと、いちおその番号を入れた人が、歌うって決まっていますが、
彼女たちは、すべての歌が全員で大合唱。

マイクがあるだけ、みんな立ち上がってその時気が向いた人が参加可能。
悲しい歌でもノリのいい歌でも踊りながら歌う彼女たち。
マイクを持って踊りながら右往左往するので、コードが絡まる絡まる・・・

もちろん私もたまに参加させていただきました。



ふと時計を見たら4時間経過・・・

そろそろ帰りませんか~~?と思っていたら
店員さんが来て「お会計」と言う言葉を言ったので、グッドタイミング~と思っていたら、女の子たちがまだいいじゃん!!と猛抗議。

すると店員さんが最後に何かを言って、彼女たちも納得して片付け始めました。。。

なんて言ったの?店員さん。
「隣の家におじいちゃんが居るので、眠れないとかわいそうだから」って。



くすくすって笑ってしまう理由ですが、それを理由に帰すほうも帰されるほうもなんだかな~と・・・いろいろな意味でさすが愛すべきベトナム!!

面白かった。でも、不完全燃焼です・・・日本語の歌をおもいっきり歌いたかった。
スポンサーサイト

テーマ : ベトナム生活
ジャンル : 海外情報

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。