FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10万ドン

ベトナムのお金はゼロが多くてほんとやだ…w

数字に弱い私は、お札を見るたび
「いち、じゅう、ひゃく、せん…」とゼロの数をカウントしてしまうのでした。



今回のハノイ旅行は、空港に着いてから、ドンに変えようと両替所に向かうと、
違うところにいけ!と手で合図され…

その違う両替所に行くと、あっちに行け…と言われる。

んだよ~


最後に行ったところでやっとドンに巡り合えました鐓


あとから聞いた話だと、お金持ちがドンを抱え込んでるらしくドンが品薄状態で、
どこもドンがなかったらしい。




それにしても…
大したお金を両替してなくても、ちょっとしたお金持ちになれるから
ドンって素敵(笑)







旅のほぼ最終部分で気づいた…

破れてるお金

s-2008_08060020.jpg


タクシーの運ちゃんに「これはもらえない」と返された。

なんで??って見てみると…


破けてるやんけ~~




s-2008_08060021.jpg



その後、何枚か出すときにさりげなく真中に入れたりしたんだけど、
普段大雑把なのに、変なとこちゃんとチェックするベトナム人…

ちっ!うまくいかねーな腟究何度もTRY、何度も見破られるを繰り返す…
結局、日本にお持ち帰りしてきました。ベトナムで銀行に行けば変えてくれるのかな~


それにしても、空港の両替所でもらったのに破けてるとは…
枚数はチェックしても、こんなところまで見なかったわ~鐚





ふたポチしてもらうと嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
いつかサヨナラする日が来るのね


スポンサーサイト

テーマ : ベトナム
ジャンル : 海外情報

変身写真②

変身写真はこちらから・・・



さていよいよスタジオへと導かれます・・・
3階のドアを開けると、薄暗いところですでに花嫁さんと花婿さんがものすごい格好して写真を撮っていました。

なぜかバイオリンを弾いてる振りして撮ったり・・・

新郎:ソファーに座り、新婦:膝枕みたいな~~~
あ、逆だったっけ??

どっちにしてもありえない・・・jumee☆whyL

ね。ソファーには白いバイオリンが見えるでしょ?2008_03160093.jpg





私はこっちこっちと呼ばれ、控え室みたいなところでアオザイを選ばされます。
アオザイの種類は少なく、ドレスが多かったです。

じゃ、これ!!
と赤いアオザイをチョイス。

アオザイってぴったりしてるから、脱ぎ着するのが大変。
着ると、アシスタントのお姉さんが寄ってきて、胸パットをむんずと入れてきました・・・
しかも胸の位置も鳩胸がいいらしく、グいってあげられて・・・クルッポーポーハト1

どうせ、どうせ・・・><貧乳よ…
涙を拭きながら(笑)外に出ると、いよいよ私の番です。





写真を撮る場所には、オールベトナム人の比較的若い男の子たちが待っていました。
カメラマンとライトや道具を動かすアシスタント??の他に
なんとただ被写体の格好を整える人ってのが居ます。
そう、後姿のこの方です→2008_03160094.jpg



そして、一枚撮るたびに、ものすごーく細かく
首はこっち、腰は前に出して胸も・・・指はこう~とされます。
2008_03160097.jpg
撮る前に気に入らなかったり、動いちゃったらまた、繰り返し・・・腰はこう・・・指は・・・




よし撮るぞ!!となると今度はご自分の指をならしながら私の視線が欲しい方へ上げて
スマーーイル、スマーイル~、スーマーイールーーー」を連呼され、
もう限界ってくらい作り笑いしました。2008_03160098.jpg←指パッチン





そして、その方から指令が出て、2枚目のアオザイに着替えろとのこと。
1枚じゃないの??

予想外です。




うんじゃ!これ!!と次はグリーンで。
2008_03160100.jpg





この後、スナップ写真がないのですが、さらにもう一度着替えさせられなぜか・・・
アオザイではなく着物に!!!

着物と言ってもガウンのようにスナップで留めるだけの着物風ドレスだったのですが・・・
いや~それはすごかったよ。

まるで吉原の遊女のようでした(想像onlyだけど。だって見たことないもん)
しかも吉原の遊女、電話機もってもしもし・・・みたいな格好で写ったりしてます。
あはは…






じゃーん!!出来上がったアルバムをお見せしましよう!!
kimono.jpg

左、置屋のおかみ。そして緑のは韓国ドラマのいじめ役…
え?ベトナム美人は~?




私のアオザイ美人の妄想は満たされることがなく終了。




でも、これはこれで面白かったふるーつ☆Cultivation・笑(小)




帰りは結局、化粧だけ落とされ、頭はもじゃもじゃヘアーのまま街をふらつく羽目に…



色々な意味で衝撃的な変身写真。

良い思い出になりましたarubamu.jpg
変身写真を入れてくれたアルバム(本当はウエディング用に違いない)



ふたポチしてもらうと嬉しいですBrilliant.
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
ぜひ皆さんもお試しくださいポッポーひよこ




テーマ : ベトナム
ジャンル : 海外情報

変身写真①

変身写真それは魅惑的な言葉。


でもちょっと前までは、実はあんまり魅力に感じてなくて、
以前旅行に行ったときも「いく??」って聞かれて、「えー!えww興味ない!!」と断っていました。




人の趣味嗜好って変わるんですね… ←大げさ?
「変身写真」は今回のハノイ旅行の目玉と言っても過言ではありませんでしたjumee☆shy2


ノンラー(笠)かぶって、ストレートな黒髪で、斜に構えて…
うふっ…smile

膨らむ妄想てへ

さぁ~お店に入って変身写真の始まりです。
本当は予約だけのつもりが、お店側が時間がないということで急きょ撮影に。(このあたり思いっきりベトナムらしい)


ここは、ウエディングドレスのマネキンさんや、白一色の内装で、てっきりブライダル関係のショップだと思っていたら、変身写真も撮ってくれるとのこと。
中もキラキラした近代的な内装で目がくらむ~キラ~ン
どうやら、結婚式の写真や前撮り(式の前に撮るのがベトナムではポピュラーです)も請け負っているようです。
一組、カップルも相談していました。




私の対応をしてくれたお姉さんは、英語がぺらぺら・・・
・・・友達に交渉してもらいました(笑)

まず、写真は10枚セット
お金は・・・30万ドン≒2300円でした。


お姉さんが伝票みたいなのを整理している間、そこに積まれている見本みたいなアルバムを見ると。
家族写真や、ブライダル系の写真が・・・
こ、こんなポーズで写真撮るの??って感じでした。はずかしぃ~ねこ







では、二階へどうぞと案内され、天井の低い二階でまずはメイク。2008_03160086.jpg


そういえば、ここの従業員のおネーさんたちはみなさん素敵にお化粧されていました。
やっぱり職業柄なんでしょうね。
ベトナムではノーメイクの方が多いような気がして、きちんとメイクは新鮮でした











で!!お化粧の途中、デーモン風にされます。
陰影をはっきりさせるためです。avcd23465_150.jpg

「お前を蝋人形にしてやろうか・・・」ってこれ↑は私ではありませんよ、あしからず。
デーモンちゅちゅろ中の写真もあるのですが、これはちょっと公表できません…
(このデーモンさんの写真私のデーモンさんとそっくりです…m

一緒に行った友達にも化粧の最中に爆笑されましたが、(っていうか、写真撮りながら失笑してるの謝罪~!
日本に帰ってからその写真を見せたらみな爆笑…
当分「閣下」と呼ばれました。私の鉄板ネタです。






もちろんその後、笑うと顔がシワシワになるほど塗りこまれ叩きこまれました・・・
そしてアイプチ?っていうのかな??
シールを貼られ、くっきり二重にされ、大きなまつげもバサバサつけられました。。2008_03160087.jpg←アイプチを貼る瞬間!


あ~・・・もう原型をとどめていないような気が・・・



だって、変身だもんね苦笑




その後隣の部屋に移動。

次は髪の毛です。


どうすんだ?どうすんだ??ってな感じで居ると・・・

二人のお姉さんがヘアーアイロンをシャキーン!!

くるくる巻いていきます。

あの~なにかムースとか・・・整髪剤とかつけないんでしょうか??
そのままジューーーーー。くるくる。
じゅーーーーー、くるくる・・・


どうやら煙が上がっていたらしい…

そして極めつけは茶髪スプレー。
わたくし黒髪なので、これどう?とお姉さんが豪快に髪の毛にスプレー。
はいていた白いズボンも、後ろにあったかばんも茶色のドットがつきましたとさ・・・。

終わったらしい・・・しばし放置される。


ボリューム満点の自分の頭を見ながら不安がよぎります。

あたし、アオザイ着たいって言ったよね??
ウエディングドレス着せられたらどうしよう??(ナイナイ・・・
普通、アオザイって言ったらストレートヘアーにノンラー(笠)じゃないの??


自分の想像(妄想)からほど遠い、髪型…顔・・・謝罪~!

ま、変身だからね…と自分を納得させ、さらに上の階のスタジオへ上がります。




長くなっちゃった…
②につづく。

ふたポチしてもらうと嬉しいですエイトカラー ハート
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
化粧ってミラクルよ~キャーw!!!




テーマ : ベトナム
ジャンル : 海外情報

Quan Com Pho

そう言えば最近ベトナム料理食べてないな…


先回、ベトナムに行ったときのある日のランチ。



お友達がメニューを選んでくれました。

あたしは旅行に行くと、なぜか急に食欲が落ちます…。
胸がいっぱいになるせいだと思われます。
かなしぃ…がっつり食べたいのに涙
だから、いつも満腹感があって、「なにか食べたい?」って聞かれても「うーん…」ってなっちゃうんです。
でも、今回は食べたい物を日本で(おなかがすいているうちに)箇条書きにして行きました!!




写真のお料理は…
お豆腐の揚げボウルみたいなのがすごくおいしかった。
ちょこっと、ヌックマム(魚醤)ベースのピリカラのたれにつけて食べます。



料理

 
手前のカシューナッツと豚肉の炒め物もおいしかったうまそ~

ベトナムのお料理はヘルシーなものが多いような気がします。
だからみんな女性は細いのでしょうか。




食べれないと言いつつもやっぱりビールビールでしょ!!
ビールは不思議なことに飲めます(笑)いくらでも
あ、暑いからね~苦笑 ←いいわけ

ビール




quan com pho


ご飯を食べたお店はこちら
QUAN COM PHO
ADD:29 Le Van Huu Hanoi
TEL:9432356
OPEN:10:30~14:00、16:30~21:00


分厚い写真入りのメニューがありそれはそれで選びやすいような、選びずらいような…辞典みたいなんだもん。
確か、日本人だとわかると日本語のメニューも持ってきてくれたと思います。
ガイドブックにも載っているお店で、どちらかというと庶民的でとても入りやすいと思いました。

あぁ~!!これを書いてたら食べたくなってきた…
久しぶりにベトナム料理食べに行ってこようかな~~猫足





ふたポチしてもらうと嬉しいですクローバ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
あ、生春巻きの皮買ってこよう・・・ベトナム



テーマ : ベトナム
ジャンル : 海外情報

ひとりごはん

ハノイ旅行中、一度だけ夜ごはん食事を一人で食べることがありました。

ひとり旅なら、ほとんど一人なはずなのですが、ハノイ在住のお友達も気をつかってくれて、
一緒に食べてくれたりしたので、たった一晩だけどこにしょうかな~と悩めば良かった私はラッキーな子です。

夜だからあんまりふらふら歩くのもどうかと思い、最後に買い物していたお店(coco silk)から
タクシーを呼んでもらって、ガイドブックにも載っているお店にGO!!きらーん

お店の前に着き、入ろうとすると「STOP!!!」と止められ、
「一人ではだめだよ(もちろん英語)」と言われます。

えーーーガン


どうしよう…と、とぼとぼとお店の外に出るとドアマン(らしきひと?)が
「どうしたの?(もち英語)」と声をかけて来てくれました。
(ベトナムはある程度の大きさになると、レストランや雑貨屋さんなどでも、ドアマン(らしき人)がいます)


「一人じゃダメなんだって~」ってことを伝えると先ほど乗ってきた、
今走り出そうとしているタクシーzoomzoom003を走って停めてくれました。

で、どうやら私の状況を説明してくれている様子。ありがとーうわーん


タクシーに乗ってしばし考える…

私の持っているガイドブックに載ってる他のお店も、一人はダメ!要予約!!って言われるかな??
そんなこと考えるとどこにも行けなくなっちゃった。

でも、ひとつのレストランを指さして「ここに!!」と言ったら
運ちゃんが「遠いよ~やめた方がいいよ」と…


じゃ、もう~いいや、ホテルに戻って!!とホテルの名刺を出して運転手のお兄ちゃんに伝えると、
たどたどしい英語で話しかけてきた…

この人私と同じくらいの英語レベルかも♪
でもベトナム語なまりでベトナム語なのか英語なのか判別するのに時間かかるかかる…。
(以下の会話は私の思い込みと想像が含まれています。)


運転主:「ホテルに帰って寝るの??」って耳の脇に両手をあて首をかしげながら

ちゅちゅろ:「ううん。ホテルの近くのレストラン探すの」

運:「何が食べたいの??日本料理店なら知ってるよ。」

ちゅ:「いや…日本料理はやだ!じゃ、どこか店しらない??」

運:「whay??jumee☆whyL

ちゅ:「だ~か~ら~(←日本語…)
tôi(私)、tìm(探す)、nhà hàng(レストラン)」と、自分の知ってる単語と「指差し会話帳」を見せて説明…。

運:「OK!!tìm!tìm~!!おんぷっぷ


やっと車が動き出して連れて行ってもらったレストラン。
遠いよってさっきほかの店断った割に、ここもけっこう遠かった…笑

でも、必死に探してくれていたので、良しとしようニコッ♪


2008_03160119.jpg

Lang Ngoi Restaurant
27Ngoc Khanh Quan Ba Dinh


日本人が珍しかったのか??
あたしがおかしかったのか?(変身写真の帰りだったからその可能性大…??)
わかんないけど、わらわらとウエイター・ウエイトレスがテーブルに。。。
あっという間に囲まれ、メニューもお勧め品を頼みました。

なかなか良かったよ。
綺麗だし、広かった。
お店の人もフレンドリーだし。

これで9万6千ドン≒700円くらい??
もち、ビールつきビール

こんなドキドキもひとり旅ならではで、とっても好きですラヴ


追記:皆様のいただいたコメントを読んでみると…。
ひとりごはんがダメ!というよりは「予約なし」もダメだった要素??っておもいました。
書き忘れたのですが、「予約なしで一人なんだけどいい??」って言いながら入って行ったら止められたのです。
ま、私のたどたどしいヒアリング力ではそれが理解できなかったのかも・・・笑
少しお高めのお店だったので、私が怪しいので、止められたのかもしれません。悲しいけれどそれも考えられる涙どんまい…ちゅ。

テーマ : ベトナム
ジャンル : 海外情報

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。